Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/unsung/www/wellness-noble.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
なぜファスティングでカラダピカピカになるのか | 株式会社ウェルネス
ドメインタイトル

inn_img2

その1 免疫システムの再生

ファスティングのことをフランスでは「メスのいらない手術」とも表現されています。

参考文献
ファスティングをすることで身体に起こる効果をカリフォルニア大学の教授が研究論文として発表しました。

http://www.cell.com/cell-stem-cell/fulltext/S1934-5909(14)00151-9

南カリフォルニア大学(USC)長寿研究所のヴァルテル・ロンゴ教授らの研究によると、「断食は、老化や化学療法の副作用でダメージを受けた免疫システムを再生し、新しい免疫系をつくる」と発表しました。

一方、通常のファスティングは筋肉を分解させるのでしわやたるみにつながりやすくなります。筋肉が減少すると基礎代謝が低下するため、長期にわたり続けているとリバウンドが待ち構えています。

ウェルネスでは、これを防ぐためにHMBCaを配合させたスムージーや回復食で筋肉を守り、体脂肪のみを現象させることで、アンチリバウンドをエスコートし、ファスティングの効果を最大限に引き出し、デメリットを最小限に抑える工夫をほどこしております。

その2 腸内環境の改善

もう一つのファスティング効果は、腸内環境の劇的な改善です。

ファスティング中は摂取カロリーを抑えるため、
腸内細菌がかなり減り、一説には約100万分の1になるとも言われています。

一旦ファスティングでゼロにしてしまうことで、短期間に劇的に腸内環境を変えることが可能になります。
重要なのはその後。ファスティング後に善玉菌を育てる食生活をすれば、劇的に腸内環境が良くなりますが、逆に悪玉菌が喜ぶ食生活をすれば、劇的に腸内環境が悪くなってしまいます。

ファスティング後の回復食を重要視している点はここにあります。正しい回復食を摂取しないと、逆効果になってしまうため注意が必要です。